2010年06月10日

「財政の立て直しで役割果たす」−野田佳彦財務相(医療介護CBニュース)

 菅直人新政権で財務副大臣から昇格した野田佳彦財務相は6月9日未明、財務省で初閣議後の記者会見を行い、菅首相が経済成長、財政再建、社会保障制度改革を一体で取り組む姿勢を示していることを踏まえ、「財政の立て直しで役割を果たす」と抱負を述べた。

「皆さんが政策形成に力を発揮できる仕組みを」-民主党・枝野幹事長 
「新代表には成長戦略と財政健全化をセットで」-民主「国家財政」議連・玄葉氏
財政健全化、成長戦略など4本柱を追加-民主マニフェスト企画委
新規国債発行額上回らないよう歳出削減-民主マニフェスト企画委
 新政権の最重要課題となる消費税の扱いについて野田財務相は、「鳩山前首相が政権担当中は消費税を引き上げないと約束したが、引き上げないということと、議論しないということはイコールではない。持続可能な社会保障制度を裏付ける財源がどうあるべきか議論する」との考えを示した上で、「消費税だけが特筆されているが、法人税、所得税、資産課税を含めて抜本的な税制改正を行っていく」と述べた。
 来年度予算の新規国債発行額について、菅首相が今年度(44.3兆円)を上回らないよう抑制する方針を示していることに関しては、「規模はこれからの編成になる。なるべく国債発行は抑制していくというマインドを常に持って行く」と語った。



【関連記事】
「皆さんが政策形成に力を発揮できる仕組みを」−民主党・枝野幹事長 
安心な社会保障「実現の方向性示したい」―民主・菅代表
「新代表には成長戦略と財政健全化をセットで」−民主「国家財政」議連・玄葉氏
財政健全化、成長戦略など4本柱を追加−民主マニフェスト企画委
新規国債発行額上回らないよう歳出削減−民主マニフェスト企画委

アートコーポレーション会長、少女わいせつ容疑(読売新聞)
民家火災で10代姉弟焼死=4人重軽傷―大分(時事通信)
貧困ビジネス 施設入所拒否を指南 自称NPO、生活保護者囲い込む(産経新聞)
民家火災、6人死傷=2遺体、10代きょうだいか―大分(時事通信)
「自分の母は偉大」と新米ママ(産経新聞)
posted by クシダ ノブコ at 22:01| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

貧困ビジネス 大阪市が排除 保護費を悪用 30業者・団体(産経新聞)

 路上生活者らに生活保護費を受給させ、敷金や家賃などをピンハネする「貧困ビジネス」をめぐり、大阪市が要注意として約30業者・団体を把握していることが1日、分かった。大阪府警は一部の摘発に乗り出しているが、こうした組織は問題を指摘されると、名称や所在地を変更したり、申請先を他の自治体に移したりして、「稼ぎ逃げ」を図る事例も相次ぎ、実態には謎も多い。市は敷金の支給上限額を引き下げるとともに、府警などと連携して悪質組織の排除に乗り出した。

 市関係者によると、こうした業者・団体の多くは、申請者の自立支援などを名目に、NPOや社団法人、株式会社として主に大阪市内に事務所を設置。生活保護受給者が多い西成区や浪速区などには複数の拠点がある。これらの団体と連携して賃貸住宅を斡旋(あっせん)しているとみられる不動産業者も数社把握している。府警が関係者を逮捕した2団体(1団体はすでに解散)も、このなかに含まれていた。

 問題として指摘されているのは、通常なら敷金、礼金を必要としない「ゼロゼロ物件」に生活保護受給者を入居、転居させ、支給上限の敷金、家賃を市から支給させピンハネする手口。市では今年2月だけで約1千件、2億8千万円の敷金を支給しており、これが狙われた形になっている。

 市の内部調査では、港区のマンションでは、あるNPOの仲介で生活保護受給者が入居した場合、敷金25万2千円、仲介手数料4万2千円の支給を受けていたが、一般の賃貸仲介業者が紹介した場合は敷金不要で、仲介手数料も家賃の2分の1相当額の2万2050円だった。旭区でも敷金不要で家賃2万7千円のマンションが、NPOの仲介で契約すると、敷金23万4千円、家賃も生活保護の住宅扶助費上限の4万2千円になった。市は、貧困ビジネスで悪用される可能性が高いゼロゼロ物件のワンルームマンションなど市内の約230物件の情報も集め、注意喚起している。

 市関係者によると、貧困ビジネスが問題化するとともに、団体関係者が露骨に申請に立ち会う事例は減ったが、役所の外などで申請者を待ち受ける団体関係者の姿は依然としてある。

 市は、4月から敷金の支給上限額を家賃7カ月分(単身者の場合29万4千円)から家賃4カ月分(同16万8千円)に引き下げるとともに、要注意の組織や物件の周知を図り、府警などと連携、対策を強めている。

次の首相は…「誰がなってもまた投げ出す」 街の声@新宿・渋谷(産経新聞)
新型インフル総括の取りまとめを開始―厚労省会議(医療介護CBニュース)
両陛下、芸術院授賞式に(時事通信)
退陣に伴う代表戦出馬について「現時点では、白紙」 前原国交相(産経新聞)
内閣不信任・首相問責「効果的に提出」 民主内混乱で自民(産経新聞)
posted by クシダ ノブコ at 15:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。