2010年05月28日

6〜8月は「北冷西暑」…気象庁3か月予報(読売新聞)

 気象庁は25日、6〜8月までの3か月予報を発表した。

 今夏は太平洋高気圧の北への張り出しが弱くなる影響で、沖縄・奄美地方で気温が高くなる一方で、北日本では気温が平年より低くなる見通し。

 【6月】沖縄・奄美では平年より降水量が多い。

 【7月】西日本から北日本にかけて平年より曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では気温が上がるが、北日本は平年より気温が低い時期がある。

 【8月】沖縄・奄美と西日本で気温が高くなる。東日本と北日本では平年と比べぐずついた天気が多い。

<雑記帳>山崎宇宙飛行士の街頭パレード 千葉・松戸(毎日新聞)
農水省、口蹄疫拡大で国や県の防疫態勢調査へ(読売新聞)
事故相手を車の天井に乗せ、200m逃走(読売新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
posted by クシダ ノブコ at 03:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)

 名古屋市の河村たかし市長は8日午後、都内で開かれたシンポジウムに出席し、住民による市議会の解散請求(リコール)に向けて署名集めを行う「受任者」が目標の5000人を上回り、7000人超に達したことを明らかにした。その上で「あとは運と名古屋市民の判断だ。身を捨ててやっている」と述べ、恒久的な市民税10%減税の実現に意欲を示した。
 同市議会は今年3月、同減税条例を2010年度の時限措置とする修正案を可決。あくまで恒久減税を目指す河村氏はこれに反発し、リコール成立に必要な36万5000人分の署名を集める活動を始めた。河村氏は解散すれば、出直し市議選に、定数75人の過半数に当たる38人以上の候補者を擁立する考えも示した。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
ブレーキ優先装置を義務化へ=自動車安全法の原案発表
トヨタ、リコール問題で新部署=不具合情報を設計に反映-5月1日付
レクサスSUV販売再開=まずは米国から
減税恒久化には議会解散のみ=河村名古屋市長が就任1年

京都宇治・三室戸寺のツツジ満開(産経新聞)
淀川堤防ポリ袋遺体、36歳女性は化粧なし(産経新聞)
YOU THE ROCK★に実刑判決 大麻所持事件(産経新聞)
「カントリーマアム」新作はキャラメルと八丁味噌の意外な組み合わせ!
消費税増税、「選挙ではプラス」―枝野担当相(医療介護CBニュース)
posted by クシダ ノブコ at 16:26| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。